メニュー

性感染症内科 疾患群(病気別)

性感染症代表17疾患とその特徴

梅毒:今日本で増えています。陰部に潰瘍を来します。当院で即日検査が可能です。

淋菌感染症:激しい痛みと膿が出てくるのが特徴です。女性のノドに感染が多く、ピンクサロンで感染される方もいらっしゃいます。即日検査も行えます。検査陽性の場合は点滴治療が受けられます。

性器クラミジア感染症:日本で毎年最も多い性感染症です。のども、性器も無症状の事がとても多いです。

性器ヘルペス:陰部に潰瘍ができます。疼痛(痛み)があるのが通常です。血液絵検査ができます。

尖圭コンジローマ

性器伝染性軟属腫

膣トリコモナス症

細菌性膣症

ケジラミ症

性器カンジダ症

非クラミジア性非淋菌性尿道炎

軟性下疳

HIV感染症/エイズ

A型肝炎

B型肝炎

C型肝炎

赤痢アメーバ

 

性感染症と間違われやすい正常構造

真珠様陰茎丘疹症

膣前庭乳頭腫症

非性病性陰茎硬化性リンパ管炎

陰茎縫線嚢腫

 

 

性感染症以外の疾患

疑われる性感染症(性病)の検査をすべて行った後においても、症状が持続したり、病変が残存している事があります。

その場合、通常の泌尿器科領域や皮膚科領域の疾患である事も少なくありません。

糖尿病性亀頭包皮炎

糖尿病性陰茎壊疽

非特異的亀頭包皮炎

毛嚢炎

非特異的皮膚感染症

帯状疱疹

水痘

尿道カルンクル

被角血管腫

粉瘤

血腫

子宮頚管ポリープ

ベーチェット病

開口部憩室細胞症

固定薬疹

色素異常症

精索静脈瘤

尿道下裂

鼠経ヘルニア

子宮脱

毛巣洞

陰嚢水腫

嵌頓包茎

陰茎折症いんけいせっしょう

急性外陰潰瘍

異物

外傷、亀裂、裂傷、断裂など

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME