メニュー

検査結果

検査結果報告方法

検査結果報告時期

即日検査について

精密検査について

検査結果報告の方法

①当院では、精密検査の結果はメールにてご報告させていただいております。

診察中にメールのアドレスをお伺いいたします。

 

メールでのやり取りが不可の方は、ご相談ください。

 

②検査会社からの報告書を要する場合は、再度お越しになられた際に無料でコピーをお渡しいたします(ご来院される前にご一報ください。コピーをご用意致しておきます)。

 

検査結果時期の目安

結果が出次第、メールにて随時ご連絡申し上げます。

2,3日後:梅毒、ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎(HIV以外の血液検査):2, 3日で結果が出ます。

3,4日後:HIV抗原抗体反応、淋病、クラミジア

 → 性感染症ドックA, Bでは4日程度ですべての検査結果が報告されます(メールは2回程度です)。

5,6日後:一般細菌、トリコモナス、カンジダなどの培養検査

 → 性感染症ドックCでは6日程度ですべての検査結果が報告されます(メールは3回程度です)。

*日曜、祝日を挟む場合は遅れる事があります。

18時以前に来ていただくとその日のうちに検査会社に引き取ってもらうことができます。19時以降の検査は翌日の引き渡しとなります。

 

即日検査について

当院で行える即日検査(通常の検査料金+2000円)には以下のものがあります。

淋菌、クラミジア

梅毒、HIV(エイズウイルス)

①検査時間について:いずれも20分ほどで結果が出ます。

②精度について:淋菌、クラミジアに関しては精密検査に比べて精度が落ちます。梅毒、HIVに関しては精密検査と同等の精度です。

③検査可能期間について:淋菌、クラミジアは不安な性交の直後から検査可能です。梅毒、HIVは不安な性交後、4週間以降にて行えます。

 

精密検査

当院では精密検査として以下の項目を行っております。

①性器の検査(男性:尿検査、女性:膣分泌物検査)

 *女性スタッフが不在の場合はご自身での採取となります。 → 方法などは、医師より丁寧にお伝えいたします。

 検査項目:淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、一般細菌、トリコモナス、カンジダ

②のどの検査(うがい、ぬぐいの検査となります)

 検査項目:淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ

③血液検査

 検査項目:梅毒(TPHA法、RPR法)、HIV抗原抗体、ヘルペス(HSV IgG抗体)、B型肝炎(HBs抗原)、C型肝炎(HCV抗体)、A型肝炎(IgM抗体)

④肛門の検査

検査項目:淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ

⑤便の検査

検査項目:アメーバ赤痢

 

セット料金がお得です。→ メンズ料金表レディース料金表

 性病の症状一覧

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME