メニュー

婦人科

当院では、性感染症の診療の他、ピルやアフターピルの処方を行っています。

ピルについて

アフターピルについて

 

ピルについて

ピルは未だ日本では『避妊のためのお薬』という印象を持つ人が多く、なんとなく怖いイメージがあるようです。しかし、欧米では多くの女性が服用しており、たくさんのメリットがある事がわかってきています。大切なのはピルを飲むメリット、デメリットを正しく理解し、安全に快適にピルを内服した生活が送れる事と考えています。

 318354

飲まないで自然でいる事が一番良い!?

最終的にはどんな説明を受けるよりも飲んでみる事が一番、ピルとはどういうものか、自覚する事ができると思います。女性は当然、自分の生理しか体験したことがなく、他人の生理と比べるすべがないので、自分の生理痛は重たいのかすらわからないと言います。しかし、ピルを飲み始めて生理痛が少なくなると初めて、ああ、自分は生理痛重たい方だったのだと自覚するわけです。

 

なぜ生理痛が軽くなるの!?

通常女性は1か月に一度、排卵後に受精しやすいように子宮内膜が増殖し、ふかふかのベッドを作り、受精卵を待ちます。しかし、受精しない場合にそのふかふかの内膜は剥がれ落ち、月経として出血と腹痛をもたらします。しかし、ピルを内服すると常に妊娠中のホルモン状態であると体が認識し、子宮内膜の増殖が抑えられます。ふかふかのベッドが作られないため、出血は少なく抑えられ、腹痛もごく軽度に抑えられるわけです。

 

ピルを内服する事で月経前のイライラも抑えられる!?

月経の前にイライラしてしまったり、情緒不安定になる女性は多く、腹痛などの身体的な症状と合わせて月経前症候群と呼ばれます。働く女性にとって、自分の気分の浮き沈みは仕事に影響し、それを自覚する事でさらに自分の事を責めてしまう方もいらっしゃいます。ピルを内服するとそのようなイライラが抑えられる事が多く、とても快適に、楽に過ごせるという女性は多いです。

 534857

突然の生理(不意打ち!)が防げる!?

女性なら誰もが経験すると言われる、旅行中、大切な試合中、会社の発表の場などでの突然の月経。ピルを内服すると不規則な性周期ともお別れできます。

 

ニキビや薄毛も解消される!?

ピルは女性ホルモンでできているので、内服を継続すると相対的に男性ホルモンが少なくなり、ニキビや薄毛が解消されることが良くあります。ニキビや薄毛は女性にとってとてもストレスとなる事が多く、それがなくなる事で気分よく生活を送れるようになります。 

 

避妊効果も高い!?

日本でもっともポピュラーな避妊方法はコンドームですが、コンドームの避妊失敗率は2-15%程度と言われています。一方ピルの避妊失敗率は0.3-8%であり、とても高い確率で避妊ができるのです。そのメカニズムは前述した子宮内膜の増殖を抑える事により排卵がなくなり、子宮頚管粘液の粘稠度を上昇させ、精子が卵までたどり着きづらくもなります。

 

しかし、、、ここからはピルのデメリットについてです。

 

ピルを飲むことで“つわり様症状”が出現する!?

ピルの原理は少ない女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)を血中に維持するため、体は妊娠時と同じ状況となります。その場合、最初に体が妊娠の状態になれておらず、頭痛、嘔気、倦怠感、不正性器出血など妊娠様の症状が出現することがあります。しかし、私、ピル向いてないかも、、、と思うのはまだ早いです。このような症状は飲み始めの2、3か月のみでその後体が慣れてきて消失する事がほとんどだからです。しかし、中には長く続く方もいらっしゃいます。その場合は他の種類のピルを試してみるのが良いです。

 

子宮頸癌、乳癌になるの確率が上がる!?

エストロゲン暴露が減るため、子宮体癌や卵巣癌などの病気になる確率は減るのですが、子宮頸癌や乳癌になる確率は少し増えるとされています。したがって、ピル内服中は頸癌検診、乳癌検診を受けることがとても大切です。一方で、産婦人科学会では乳癌に関して、癌家系でなければそれほど気にしなくても良いとも言われています。

 

血栓症のリスクが上がる!?

ピルを内服する事で血液が固まりやすくなると言われています。深部静脈血栓が肺動脈へ飛ぶと、肺動脈塞栓症と呼ばれる致命的な病態を引き起こします。

しかし、血栓症を引き起こすリスクはピルを飲まない女性(0.00005%、10万人に5人)よりは多少高くなります(0.0002%、10万人に20人)が、妊娠女性(0.0006%、10万人に60人)に比べると少ない確率です。妊娠女性で血栓症を引き起こす方はたまにいらっしゃいますが、それほど多くないわけで、すなわち、ピルによる血栓症リスクはそれ以下の確率であり、比較的少ないと言えます。

 

ピルを内服すると性感染症リスクが上がる!?

これは、ピルを内服すると避妊効果が高いので、コンドームを付ける頻度が減り、性感染症のリスクが増える事となります。ピルは全く性感染症予防にはなりませんので、コンドームの着用がとても大切です。

126672

 

 

アフターピルについて

望まない妊娠を防ぐために、性行為後72時間以内に内服する事で、避妊率を上げる事ができます。ピルは日々の内服により避妊効果が出ますが、ピルを内服していない、または飲み忘れがあり、性行為に及んでしまった場合などにアフターピルが有効である可能性が高いです。

しかし、アフターピルを内服しても完全なる避妊は得られず、少ない割合ではありますが、妊娠する可能性があります。アフターピル内服後、消退出血が出ない場合は妊娠検査を行ってください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME